ロゴ

葬儀のスタイルは変わってきている

今では、葬儀のスタイルは大きく様変わりしてきています。家族だけで執り行う家族葬のほか、葬儀を行わず火葬場で弔いのお経を唱えてもらうだけのものなど、故人と周囲とのかかわりと全く関係のないスタイルでの葬儀のスタイルが増えています。

葬儀の種類

数珠

多くの方が選択する一般葬

一般的な葬儀をさしています。通夜から葬儀、法事に至るまで、親戚縁者のほか、友人や知人などを呼んでみんなで弔うといったスタイルです。故人の菩提寺などの宗派にのっとり、斎場を借り切って葬送から火葬までのプロセスを執り行う方法です。

ポピュラーになってきた家族葬

友人や知人などを呼ばず、家族だけで執り行う葬儀です。同じく家族間だけで行い、のちに本葬を行う「密葬」とは異なり、家族葬を本葬として位置づけます。友人や知人へ不幸を知らせたくない場合などに行うこともあるようです。

華やかな生前葬

故人が生きているうちに葬儀と位置付けて思い出を語り合い、お別れをしてもらう儀式です。なかなか受け入れがたい生前葬ですが、迫りくる死を明るく受け止めることができますし、葬儀をセルフプロデュースしそれを客観的に受け止めて楽しむこともできます。

家族葬を選ぶ方が多い

このところでは、故人にゆかりがある人へ死を伝えず、家族だけで葬儀を執り行う家族葬が主流となりつつあります。施主側に数百万円ほどの経費が掛かってしまうだけではなく、核家族化によって弔問客が少ないという時代背景もうかがえます。

家族葬と一般葬の違い

すべてを省ける家族葬

弔問客へのもてなし・香典返し・読経など省けるものはすべて省けるのが家族葬の強みです。もちろん、オプションで読経による弔いなどを付けることができますので、家族が火葬までの時間を大切に過ごすことができます。

体裁優先の一般葬

その土地の名士だった、ご近所付き合いが深いなどといった場合その後の体裁を意識して、一般的な葬儀を行うことがあります。そういった場合、戒名に院号付与を依頼するなど、近所の目を気にしてしまうところも多々出てしまうデメリットがあります。

家族に合った葬儀で故人としっかりとお別れをする

葬儀場

葬儀業者や家族同士で相談して葬儀について決めよう

家族の形も大きく様変わりし、死生観や死後の世界に関する見方、宗教に対する考え方も大きく変わりました。そのため、これまでのような「葬儀」の形にこだわりを持たない方も増えています。故人を見送るために掛けるお金がない、コミュニティとは隔絶された生活だ、故人の意向で葬儀を行わないなどいろいろな理由から葬儀をカスタマイズできる「家族葬」を選ぶ方も増えています。ただし、故人を見送ってからの後悔が大きくなるという話も耳にします。葬儀の規模がきっかけでご近所付き合いが希薄になることもあるようです。その時のベストを葬儀会社や家族とよく話し合って決めましょう。

神戸で葬儀を行なう時は業者を吟味しよう

広告募集中